« ピカケ (4) | トップページ | 7月は… »

2009/06/18

生命の木

パッチワークに初挑戦しました。

来年の東京国際キルトフェスティバルで展示されるパートナーシップキルト「生命の木・ツリー」に応募すべく、「生命の木」のパターンを作ってみました。

生命の木

ピーシングって難しいですね。縫い進むにつれて少しずつパターンが出来上がってくる過程はとても楽しかったのですが、ピースを縫い合わせている最中に生地が伸びてしまい、縫い合わせた後に直線になるはずの次の縫い線がガタガタに…。三角の角が上のピースにくっつくように注意していたのですが、惜しいことに、離れてしまった箇所が1つあります。致命的なのはサイズが1辺24cmをオーバーしてしまったこと。

そもそも型紙を作るときに、線の外側を切ってしまったからその段階でもうサイズオーバーなんですよね。さらに生地に印を付けてカットするときも、切る場所を考えてすべてのピースで統一しないとズレが出てしまいますね。1つのピースではほんの0.1mmのズレでもピースを繋いでいくとそのズレがどんどん広がって行くのだなぁってことを実感しました。最初によく考えればわかることだけに、悔しいなぁ…

う~ん、周りをカットしてこれを出すべきか、もう一枚作るべきか迷っています。初パッチワークなので手元に残しておきたい気持ちもありますし…。ブログに「パッチワーク」のカテゴリを作ってみたので、作品展が終わってから再挑戦かな~。

|

« ピカケ (4) | トップページ | 7月は… »

パッチワーク」カテゴリの記事

コメント

素敵な生命の木になりましたね~
三角形のピーシングは、バイアス方向があるので、どうしても伸びやすいですよね~なるべくバイアス方向同士で縫い合わさらないよう、布目を考えながら、カットするといいですよ~
って、文章で説明するのは、なかなか難しいです…
ぜひ、またパッチワークに挑戦してくださいね~!(^^)!

投稿: mahalo | 2009/06/20 23:30

mahaloさん、アドバイスありがとうございます。
ご説明頂いたこと、多分理解できたと思います。直角三角形の場合、斜めの線がすべてバイアスになるようにカットするのではなく、三角形の向きを変えて、2つの三角形の縫い合わせる線が片方バイアスでも、もう片方は縦目か横目になるようにカットするっていうことですよね。成る程~って思いました。
教えて頂いたことに注意して、締め切りまでに再チャレンジしますね。やる気が出ましたup
たぶん同じ生地で作るので見た目は変わらないですが、また見に来てくださいねnotes

投稿: あろあろ | 2009/06/22 18:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135766/45378140

この記事へのトラックバック一覧です: 生命の木:

« ピカケ (4) | トップページ | 7月は… »