« ピカケ (3) | トップページ | 梅雨入り »

2009/06/08

メアリー・シーザーのワークショップ

昨日はメアリー・シーザーのワークショップでした。今回はベッドカバーサイズのカット&レイアウトのクラス。

Mary

サイズの決め方やパターンの作り方の説明の後、実際に生地をカットしてモチーフ布を土台布にしつけをかけるまでのクラスです。ほぼ1日中、中腰での作業でしたので、今朝はお尻から太ももにかけてパンパンに張っておりますが、参加者みんなでワイワイおしゃべりしながらの楽しい雰囲気の中、新たな発見もあり、充実した一日を過ごすことができました。

カット&レイアウトのクラスは、アップリケやキルティングのクラスに比べると開催される教室も参加される方も少ない印象なのですが、モチーフ布を土台に貼り付けた状態が完成型になるハワイアンキルトでは一番丁寧にやらなければならない作業ですし、参加してみると、おそらくどんな本にも書かれていない「コツ」をたくさん学べるクラスでもあるので、個人的には「目からウロコ」度が最も高いクラスであると思っています。以前、1mタペのカット&レイアウトのクラスを既に受講していたのですが、今回やっと自分のカットの仕方というかハサミの使い方が間違っていたことに気付きました(汗)

最後に、現在作成中のタペをメアリーに見て頂きながら疑問点などをいろいろ質問させて頂くこともでき、たくさんの刺激をもらって現在やる気満タン中。

0608-2.jpg

エンゼルトランペットのタペは、ラスト4分の3周になりました。「ラスト一周」の報告から随分経ってしまいましたが、やる気スイッチが入った今の勢いで最後まで突っ走ります~!

|

« ピカケ (3) | トップページ | 梅雨入り »

ハワイアンキルト」カテゴリの記事

コメント

行ってこられたんですね~。
「目からウロコ」度がもっとも高いなんて!
きっとたくさんいろいろな事を吸収&刺激をうけて来られたんですね~。
ベッドカバーがどなたの手に渡ったのか気になります(笑)

エントラもラストスパートですね!
やはりエコーが入るとググッとハワイアンらしくなりますねgood

投稿: toko | 2009/06/11 12:32

tokoさん、お返事遅くなってごめんなさい。
今回も行ってきましたよ。やっぱり大きなサイズの生地と一日じっくり付き合ってみると、イレギュラーなことも発生したりして、いろいろな話が聞けました。
ベッドカバー争奪ジャンケンは、キルティングのクラスのときにtokoさんの前に座っていらした方が勝利しました!私は最後の戦いであえなく散りました。パステルの輪染めに濃紺のウッドローズという素敵なベッドカバーでしたよ。

投稿: あろあろ | 2009/06/15 14:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135766/45274293

この記事へのトラックバック一覧です: メアリー・シーザーのワークショップ:

« ピカケ (3) | トップページ | 梅雨入り »